読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのボード、僕が積んでおきます。

たくさんの電子工作基板が積みっぱなしになってるので、頑張って工作しようとしていますが、どんどん溜まっていっております。

GALAXY Tab Sモニター【ベンチマーク編】

前回に更に続きます。

 

GALAXY Tab Sモニター【マルチタスク編】 - そのボード、僕が積んでおきます。

 

GALAXYアンバサダープログラムGALAXY Tab Sのモニターをしています。

 

使っていて感じるのは、本体の物理的な軽さもありますが、使用感の軽さ、いわゆる「サクサク感」です。

普段利用しているスマホがGALAXY Note EdgeでCPUはクアッドコアの2.7GHzです。一方でこのGALAXY Tab Sはオクタコア(8だよ、8!!!)の1.9GHzです。クロックこそ低いものの体感値でのサクサク感はGALAXY Tab Sの方が上に感じます。(個人的な感想です)

もちろん、Note Edgeは日常使いなのでアプリは大量に入っていますし、逆にTab Sは比較的アプリは少なめだと言えます。それにしてもこのサクサク感は、本体重量の軽さとあいまって、とても気持ちのよい使用感を与えます。コア数が多いのが効いてるのかなぁ…ってことで、ベンチマークなど取ってみることにしました。

 

まずはGALAXY Tab Sから。

f:id:hine:20141119012019p:plain

まずまずといったところ。画面が広いので、画面描画などが少し不利かもしれません。それを考えるとなかなかいい数字です。

 

そして、GALAXY Note Edge。

f:id:hine:20141119012148p:plain

あ〜、さすがは最新のハイスペック機だけの事はあります。めっちゃいいスコア叩きだしてしまいました。およそクロック数の差だけのスコアの違いになりました。

 

ベンチマークはあくまでも特定のプログラムの実行速度です。ここで改めて言いたいのは、これだけスコアの差があっても、Tab Sのサクサク感はとてもレベルが高いということです。やっぱりコア数が効いてるのかなぁ。