読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのボード、僕が積んでおきます。

たくさんの電子工作基板が積みっぱなしになってるので、頑張って工作しようとしていますが、どんどん溜まっていっております。

GALAXY Note Edgeは秋モデルの中で買いなのか?

先日Googleから発表されたNexus6があまりにいい感じだったので、友人のid:rick08に「悩んでんだよね〜」とか相談しつつ、比較表なんかを作ってみたりしたら、rick08がエントリーにまとめてくれました。

エントリーの中で彼は、

Androidをお使いの方は、どれも気になって決め手に欠けるところがあるかもしれませんが、対応キャリア、サイズ感、値段などから「Xperia Z3」がやや有利かな?という気がします。

と書いていますが、その通り、量販店などで話を聞くとZ3の予約はかなり入っているようです。

そんな中、僕はGALAXY Note Edgeを選択しようとしているわけですが、それが何故なのか、改めて考えてみようと思います。

 

求めるAndroid端末の条件

これまで僕が持っていたAndroid端末のメーカーは、HTC、SHARPNECMOTOROLASAMSUNGASUSと比較的多岐にわたる。色々と使ってみて一番求めるのはただひとつ。

  • 最新のAndroidにバージョンアップしてくれる

ということでした。というのも、最新の機能を使っていきたいから、という比較的シンプルな理由だったりします。iPhoneと2台持ちなので、安定感に欠けても最新の機能を使う方を選択することができるし、逆にiOSのアップデートも躊躇なく実行できます。

 

とすると、Androidの開発に力を入れているメーカー、できるだけ早くバージョンアップを出すメーカーがいい、と言える。メーカーがそういう対応ができるということは、そのメーカーの端末はたくさん売れている、ということで、世界的なメジャーブランドを選択するのが良い事になります。

 

たくさん売れている端末の良い所はもう一つあります。それは多くの開発者がいるということです。Androidは有志のエンジニアによって(メーカーが諦めたとしても)、Androidの最新版が移植されることがあるのです。多くのエンジニアが使っている端末は、オリジナルAndroidの開発も盛んで、結果的に端末の寿命を長くすることができます。

 

そういう視点で見た時、SAMSUNGのGALAXYシリーズ、SONYXperiaシリーズは非常に良いグローバルブランドです。

 

そして、バージョンアップに耐えうるということで言えば、CPUやメモリ搭載量などができるかぎりハイスペックであることが望ましいです。バージョンアップの度に要求仕様は上がっていくので、できれば余裕のあるスペックの方が長くアップデートされる可能性あります。従って、エントリーモデルよりはハイエンドモデルの方が良いということになります。

 

グローバル端末とキャリア端末

ただし、その条件はあくまでも「グローバルモデル」に限定されます。日本のキャリアから発売される端末の多くは、日本向けのカスタマイズが施されています。このカスタマイズが少なければ少ないだけ、メーカーは少ない労力でAndroidのバージョンアップを行うことができるというわけです。

最近では、iPhoneなどもそうですが、ハードウェア的にはグローバル端末でソフトウェアや設定で日本向けにしているような端末もあります。また、例えばWiFi端末は殆どの場合グローバル端末そのままで技適をとって販売しています。

 

ただし、auはちょっと事情が違いました。通信方式に世界的にも珍しいcdma方式を採用しているので、ハードウェアそのものが違います。なので、au向けの端末は、グローバル端末から大きな変更を加えられたものが多いのです。

 

そして、僕はメインのAndroidスマホではauを利用しています。auというだけで、バージョンアップされない可能性が格段に高くなってしまっています。

 

GALAXY Note Edgeは売れる端末か

GALAXY Noteシリーズは、今となっては主流になりつつある「大画面」をいち早く採用したシリーズでした。いわゆるファブレットのはしりのシリーズです。それ以外にも、感圧式のスタイラスペンに対応し、ノートを取るようにメモが取れる端末です。

 

そんな、「変わり種」だったので、ファンは多くいますが、メインストリームではありません。圧倒的にSシリーズ(現行はGALAXY S5)の方がメインストリームです。Noteへの対応よりもSシリーズへの対応を優先するのは間違いありません。

 

そしてそんなNoteシリーズは、グローバルではこの秋冬に正統後継機種の「Note 4」と、挑戦的意欲作の「Note Edge」の2種類が販売されます。国内では今のところEdgeの販売しか発表されていませんが、グローバルではNote 4の方が多く売れるだろうと予想されています。

 

ということで、比較的最新バージョンへのアップデートを期待できるメーカーではありますが、比較的不利な機種であると言えます。

 

ではなぜGALAXY Note Edgeなのか

実は最近のスマートフォンは、買い替えの「面白さ」が減ってきていると感じています。確かに「サクサク感」であったり「安定感」が違ったりしますが、どの端末を買っても、アプリさえ同じであれば同じような使い勝手で使うことができます。

これはどちらかというとiPhoneでより強く感じますが、新しいiPhoneを買っても、移行作業が住んでしまえば、ほとんど前のiPhoneと変わったところを感じられません。「使った感じが変わらない」これは非常に素晴らしいことだし、電話のようなデバイスには非常に重要な要素でもあるかと思っています。

僕個人は、Google製のアプリケーションがあればそれを積極的に利用しています。キャリアやメーカーが独自開発したものはあまり使っていません。なので余計に、機種変更による使い勝手の変化は少ないと言えます。

 

そうなるとむしろ、OSのバージョンアップの方が、見た目や使い勝手の変化が大きくて、「使った感じが変わる」感が強いのではないかと思っています。機種変更よりもバージョンアップの方が変化を感じられる、というわけです。これこそが、僕がバージョンアップしてくれそうな端末を選択する理由ともなっています。

そして、これまた贅沢なことに、バージョンアップに関しては、Nexusなどで本当に最新のバージョンに先に触れてしまうのです。

 

でもねぇ、10万近くも出して買うのに「あんまり変わらないなぁ」だと、とてもつまらなくないですか?

 

今回のSony Xperia Z3はとても優等生な端末だと感じました。間違いなく使いやすい端末でしょう。なんで、多分、買っても「あ〜、そうだよねぇ」という感じになっちゃうんじゃないかと思ってしまって。これまでにはなかったペンや、わけのわからない機能のついたGALAXY Note Edgeは、もしかしたら僕の中で新しい使い方を見つけ出せるかも知れない、という期待を持っています。

 

GALAXY Note Edgeは未来に連れて行ってくれるのか

上にリンクを貼ったrick08のブログからスペック表を引用すると、

スペック比較

機種名 Nexus 6 Galaxy Note Edge Xperia Z3 iPhone 6 Plus
OS Android 5.0 Lollipop Android 4.4.4 Kitkat 同左 iOS 8
ディスプレイ 6インチ 5.6インチ 5.2インチ 5.5インチ
解像度 1,440×2,560

1,440×2,560 ※エッジディスプレイ有

1,080×1,920 1,080×1,920
ppi 493ppi 540ppi 424ppi 401ppi
CPU Qualcomm
Snapdragon 805
同左 Qualcomm
Snapdragon 801
Apple A8
コア 2.7GHzクアッドコア 同左 2.5GHzクアッドコア 1.4GHzデュアルコア
GPU Adreno 420 同左 Adreno 330 PowerVR GX6650
RAM 3Gバイト 同左 同左 1Gバイト
ストレージ 32/64Gバイト 32GB 同左 16/64/128Gバイト
外部メモリ なし MicroSDXC 同左 なし
メインカメラ 1300万画素 1600万画素 2070万画素 800万画素
インカメラ 200万画素 370万画素 220万画素 120万画素
サイズ 159.26×82.98×10.06ミリ 151×82×8.5ミリ 146×72×7.3ミリ 158.1×77.8×7.1ミリ
重さ 184グラム 177グラム 152グラム 172グラム
バッテリー容量 3220mAh 3000mAh 3100mAh 2915mAh
ネットワーク LTE対応 同左 同左 同左
カラー ダークブルー
クラウドホワイト
チャコールブラック
フロストホワイト
White
Black
Copper
Sliver Green
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
価格 699ドル
(32GB SIMフリー)

au一括91,800円docomo一括93,312円

softbank一括 69,120
au一括 79,920
docomo 一括 86,832円

16GB 79,800円
64GB 89,800円
128Gb 99,800円
(SIMフリー)

国内キャリア Y!Mobile docomoau docomoausoftbank 同左
国籍 アメリカ 韓国 日本 アメリカ
属性 ヒョウ柄水着
セクシーボディ
日焼けした肌
金髪
高身長
小顔
色白
スレンダー
ロリ
品乳
生意気
M
メイド
メガネ
おっぱい
ドジっ娘

 

わけのわからない属性は置いといても、ほとんどのスペックが現時点では最高レベルだと言えます。今月末か来月から登場すると言われているAndroid 5.0 Lollipopにもきっと対応してくれるでしょう。

 

ただね、僕わかってるんです。

 

こうやって色々理屈をつけてニッチな端末を買っちゃう時って、あとから絶対に「なんでメジャーな方を選択しなかったんだ」って後悔するんですよね。絶対にZ3選ぶ方が後々いいと思うんですよね。

 

ということで、朝になったら気が変わらないうちにGALAXY Note Edgeに機種変してきます。実はシンガポールでメインで使ってたAndroid端末紛失しちゃって、不便で困ってたんですよね。