読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのボード、僕が積んでおきます。

たくさんの電子工作基板が積みっぱなしになってるので、頑張って工作しようとしていますが、どんどん溜まっていっております。

UbuntuでEvernoteを使いたい

日常生活のほとんどがUbuntuで不満なく過ごせているが、ひとつ不満があるのがEvernote。公式からLinux向けのクライアントアプリケーションが提供されていない。これがえらいストレス。

対応策としてはいろいろあるんだろうけど、僕は以下の4つを試してみた。

  1. Webクライアントを使う(Chromeでアプリケーション化含む)
  2. emacsevernote-modeを利用する
  3. 互換アプリケーションNixNote(旧NeverNote)を利用する
  4. Wineを使ってWindows版のクライアントを利用する

結果的に、色々不満はあるものの3番のNixNoteを使うってことで落ち着いた。

1と2は、オフラインでの処理が面倒(できない?)ので却下。オフラインでのメモ書きが結構多い。3と4は、見た目が美しくなくて嫌。Nixのアイコン、キリンなんだけど、もう少し今っぽいデザインにしてくれないかなぁ。4番はフォントとかの兼ね合いで、やっぱり違和感がある。Mac版クライアントのシンプルさに比べてちょっとゴテゴテしてる。あと4番のWineは、結果的にあまり安定的に動いてくれなかった。インラインでの変換が出来なかったり、するのも文章書くのにはストレスが溜まる。シャットダウンできないとか、システム全体が不安定になったこともあって、Wine自体を諦めた。

ってことで、NixNoteノインストール手順。

  1. sudo add-apt-repository ppa:vincent-c/nevernote
  2. sudo apt-get update
  3. sudo apt-get install nevernote

必要に応じてJavaのインストールなども行われて利用できるようになります。